20150731

瞑想の間。






















‘‘彼らは四畳半の茶室によって象徴される、静かな「無意識」の一隅に暫時退くのであった。そこからでた時には、心身爽快の思いがするばかりでなく、たんなる争闘よりも永久的な価値ある事柄に関して記憶を新たにしたことであったろう。”




鈴木大拙






















20150728

とうもろこし。









ぴかぴか。







喉のところで、ばい菌と白血球が戦っています。



連日の咳で、いつにもましてお腹が割れています。



旬の美味しいものを食べると元気が出ますね。



























20150724

月末から、八月のお休みのご連絡。















あっというまに七月もあとわずかです。



来週と、八月のお盆休みのお知らせです。



7月30日(木)休講。


8月5日(水)休講。


8月13日(木)14日(金)15日(土)と、お盆休みをいただきます。




八月あたまは、新潟〜奥会津の瞑想旅のよていです。


気付いたらなにかと遠出が多くて


八月もあっという間に過ぎそうです。






みなさまも体調に気をつけて、良い夏をお過ごしください◎











20150723

絵屋宵ライブ一期⑦会。

























お寺のお堂で。


超かっこ良いイベントでした。





クラス以外でデモをするのは初めてで


ヨガを通して、呼吸と身体のエネルギーを


少し感じていただけたらいいなあと思いながらやりました。




ここ数年で一番に緊張しましたが、、


坂ノ下さんの存在の安心感といったらありません。


即興ギターインスト格好良すぎました。




出演前、がちがちのわたしを抱きしめてくれた木綿子さん。


圧巻のステージは、すごいエネルギーで、あっという間に会場が巻き込まれました。



出番のあと、花壇さんが優しく声をかけて下さって


人柄がそのまま歌にあふれているんだと思いました。



ネボラトス×フジタユキさん×カンダアキラさん、超絶格好良かったです!!



最後の茶柱さん。愛情深い。安定の素晴らしさ。


じんわり時間が過ぎました。




水戸さんの人柄と、演者さんたちのそれぞれの個性が混じって


本当に素敵なイベントでした。



みなさんあたたかく、良い経験をさせていただきました。


ありがとうございます◎


あ〜たのしかった〜◎






































20150722

自然の法則。









南瓜煮ました。









「起こるべくして起こるものごとの連なり。」


と、オオツボさんが言っていました。







私がヨガや瞑想をする目的は「悟り」、ではないけれど


生まれ変わりや輪廻というのはあるんじゃないかなあとなんとなく思っています。



その輪から抜け出す解脱ということについては、


今世ではちょっと想像もつきません笑







それから、けんかも戦争も、


恐怖が恐怖を呼び


憎しみが憎しみを呼んで連なっていくものです。


やられたらやりかえす、みたいなこと。




苦しいとき、もしくは苦しそうにしている人を見ているとき


連なってきた原因と、その連鎖の中にどっぷりと浸かって


さらにお互いを鎖でしっかりとつなぎあっているみたいに感じます。







‘‘足元の土に無数の生と死が埋もれている”ように、


‘‘人は限りないものを知ることはできない


だが人はそれを生きることができる”から。





すべてに続きがあり、


連なりあってかたちになり、


先のことはわからないけれど今その真っ最中。





なにを選んで、なにを積み重ねて、


なにを置いていこうかね。
























20150721

おはようございます。











‘‘Meditation”










昨日の、絵屋宵ライブ一期⑦会、


本当にすてきなイベントで


出演させていただけてとても嬉しかったです。


すごく良い経験になりました。




足を運んでくださったみなさま、出演者の皆さま、


声をかけてくださった水戸さん、本当にありがとうございました。




写真をいただけたら、また後ほどアップさせてください。





ご一緒させていただいた坂ノ下さんにいただいたCDが素敵で、


昨日からずっと聴いています。




これを聴きながらヨガすると最高。


















20150717

よいん。



















旅の余韻。




写真は、銀座の、インドカレーの名店「ダバインディア」です。


超〜おいしかったです。


銀座に行った際は是非。(ドーサもたべられるよ)





















20150715

まいにちがなつやすみ。










つくばのあさ。


旅の最終日はひたちなか遠足です。








いっこさんのパートナーのオオツボさんがいとなむ素敵な珈琲屋さん。

(けん玉もあります。)





この日はお休みでしたが、遠足のためのコーヒーを


出かけるまえに淹れてくれました。


私はいっこさん特製うめジュースを入れてもらいました。


筑波山。


千年一日珈琲さんのタンブラー。筑波山。








ひたちなか市ちどりさん。


美味しい!またいきたい!






つくばの里山と蓮池。




つくばは想像していたより、みどり豊かでのんびりしたところでした。


気持ち良かった。





オオツボさんは運転もずっとしてくださって、大変だっただろうと思います。


いっこさんのさりげないひとつひとつがあたたかかった。


三人で一緒に座ることも出来て嬉しかったです。




毎日が夏休みのようだった。


いい旅でした。


お休みありがとうございました◎






20150714

ウルトラ植物博覧会つづき。






‘‘植物をハンティングすることが可哀想だとか、あるべき場所に置いといてあげるべきとか、生態系は大丈夫か、と浅はかな正義感でものを言う人がいる。まずは勉強してこい。先達たちが行ってきた植物にまつわること。世界の植物のこと。植物の流通の業界のこと。植物検疫のこと。毎日自分が食べている野菜のほとんどが海外の植物だということ。いずれにせよ、こうやって今日もとてつもない量の生花や野菜や果物や海を渡って行き来し、私たちの暮らしが成り立っているという事実もある。全世界の植物は、いずれの種も本能的に少しでも遠くへ子孫を送り、少しでも分布域を広げようとしている。果実を甘くさせ食べてもらうことで種を鳥に運んでもらったり、種に羽をつけて風に乗るように設計することも、固い殻に種を包んで海を渡るのも、みな植物が旅をしたいがための戦略である。それを知らずして後から人間が勝手に自然のなかに線をひいて、線の外からやってくる植物を‘‘外来種”と差別用語を使うやつは俺が許さない。人間みな海のむこうの植物の恩恵を受けている。植物はこうあるべきと人間主観で唱える人は感情の問題よりもむしろ知識の問題である。自然はもともと自由でボーダーレスで混ざり合いながら変化し続いてきたのだ。そしていま自分たちがいるこのビルがある場所も貴方がここに来るまで使った線路や道路も、植物を殺した上でできているものである。それが人間の営みそのものなのだ。”

西畠清順




(植物図鑑よりごく一部を抜粋させていただきました。)





愛にあふれた人だと思いました。




木の実、葉や茎、幹のかたち、色や匂い。


生きる場所、生き方、生きる長さ。


生かし合い、ころしあい、


種のなかに組み込まれた宿命と与えられるもののなかで


生きることをまっとうしようとすること。






ここに在った植物たちの、ただ美しいとか奇妙、不思議というだけじゃなく、


人間だからこそそれを見て起こる作用があるんだと思いました。







食物として栄養になるだけでなく、


育てる、観る、触る、匂いを嗅いで、


背景を想像したり、なんでこんなかたちなのか考えたり、感じたりしてこころを動かしたり


価値観を教えてくれたりもする。(植物にはそんな気ないかもしれないけれど)




人間としての植物との関わりかた。



人間と人間の関わりかた。



一人の人としての生きかた。









「仏手柑」

‘‘この不思議な形をした果実は、仏さまの手のようだと昔から言われ、「木の実はかならず丸い」と決め付けるひつようはない、ということを教えてくれているのかもしれません。”













































マンゴスチン。












こんな風になっているんだ。






マンゴスチンの、本物を食べたのは初めてです。


上野公園の木陰で里子さんと食べました。


あんまり美味しくて


あと、20個くらい食べたいと思いました。




























ウルトラ植物博覧会。









少しだけ。










摩訶不思議。


世界中の珍しい植物たちをあつめた博覧会です。


観て、触れることもできます。



























20150713

里子さんと上野散策。










里子さんおすすめのヴェジハーブサーガ。ずっと行きたかったお店です。

すっごく美味しかった!インドの味がしました。





アメ横とわたし。





果物屋のおじさん。ねじりハチマキ。

ここで、マンゴスチンとライチを買いました。(安くて美味しい!)




居酒屋大統領。




西郷どん。




上野の大仏さま。

戦争の時に身体は無くなってしまいました。(里子さん談)

調べると、この大仏さまの元のもとの由来は新潟にあるみたいです。




パンダポスト。(じわじわくる可愛さ。)




不忍池の蓮。

驚くほど広大な蓮池と、遠くに建ち並ぶビルとのコントラストが面白かったです。




木陰の古本屋さん。


他にも、独特な雰囲気の古道具屋さんなどいろいろならんでいました。


このちょっと胡散臭い感じも


くせになるような街だと思いました。






東京楽しいなと初めて思いました。


気温36度のなか、結構沢山歩いたけれど全然疲れなかったのは里子さんのおかげ。


里子さんありがとう◎