20150731

瞑想の間。






















‘‘彼らは四畳半の茶室によって象徴される、静かな「無意識」の一隅に暫時退くのであった。そこからでた時には、心身爽快の思いがするばかりでなく、たんなる争闘よりも永久的な価値ある事柄に関して記憶を新たにしたことであったろう。”




鈴木大拙






















0 件のコメント:

コメントを投稿