20170315

そういう優しさ。











































姪っ子(六歳)が、



スキー場でお父さんと一緒に上手に滑っている様子が送られてきました。



私も練習して一緒に滑りたいと思いました。





初めて歩く、幼稚園に行って、小学校にあがる。



将来どんな人になるんだろうと想像は広がります。





今回の人生で私は 多分子どもをもうけないだろうと思います。



親ではないけれど大人になり、



子ども時代の自分にはなかった視点で今子供達を観ています。





私が人生でスキーに行ったのは小学生の頃に二回。



お母さんが連れて行ってくれました。




朝早く起こされて、



暗い吹雪の中フロントにぶつかってくる雪が「夏の虫」みたいで



眠いし遠いし、当時はちょっとめんどくさいなと思っていました。




スキーの記憶は曖昧だけれど、「お母さんが連れてってくれた」事をよく覚えていて



姪っ子が楽しそうにする姿を見たらほほえましく、



急に懐かしい気持ちになりました。






ばあちゃんが夏みかんの皮を剥いてくれる。



甘いところをよけい私にくれること。



弟が用水路に落ちたとき、お父さんが玄関から裸足で走って来たこと。





30を過ぎ、瞑想するようになって



大人と大人の間に、他人と他人の間にも、



そういう優しさが在ることを知りました。




私がそうしてもらった経験は土台になり、



それを感じられるアンテナが、私の中に育っていてくれて良かった。




そういう種類の優しさが在るよと、



言葉じゃないところで教えてくれた人たちのようになりたくて



「自分にできることの幅を広げたい」という思いはここから来ています。


















0 件のコメント:

コメントを投稿