20160720

「今後の展望」。































「今後の展望」とか「なんで瞑想するの」と今週は沢山声をかけてもらって



なかなか要点まとめて簡潔に話しをするのは難しいですが



生徒さんや友だち家族とのたわいない会話のなかで、



自分の引き出しを開けて風が通る感じはいいなと思います。






仕事を努めるとき心の隅に置いているのが



出来ることしか出来ないけれど今の最善を尽くそうということで





「してあげたい」とか「ニーズに応えたい」と踏み込み過ぎるときに



エゴがお互いを押しつぶすように苦しくなるのを経験を通して感じています。



この欲求がお互い噛み合った時には



何だかもっと大変な事態になりそうな気配もあります。





旅先で友だちが話していたのは「誰かが治してくれる」とか



「これやってれば治るんでしょ?」



とクライアントさんが思ってるうちはよくならないという話で



私も、変わるか変わらないかはその人自身の仕事だなと思うのです。





私に出来ることは限られているにしろ、



自然体の自分の出来ることの幅や質をあげること。



しどろもどろしながらも面白い経験を沢山積んで



私のなかのまだ表現されていない部分を広げること。



誰かのひらめきの足しにつながれば幸いです。

















0 件のコメント:

コメントを投稿