20160212

「寛ぎには無駄が必要。」

































温泉旅館で一泊。


のんびり過ごしました。







「寛ぎには、無駄が必要。」


と昨日立ち読みした本に書いてあったのがタイムリーでした。






持て余すくらいの大きさのお風呂、


お部屋を彩る床の間の生け花。



お料理をのせたお皿のうえの余白や、


無駄に四つある枕とか。






自分が自分のなかで寛ごうとするとき、またはクラスでも


余韻を味わう余裕や、なにもしない余白のなかに癒しがあるなと思います。



ふだん無駄と思える‘‘間(ま)”みたいなものが重要で


仕事に追われてぐっと狭くなった視野も‘‘間”のなかで広がり、


広がって、自分自身で‘‘間”を創り出すこともできます。








この日記はとても個人的でくだらない内容が大半です。


一割くらい熱心なことも書いていますが、ほとんど「余白」でできています。



それでも読んでくださる方がぽつぽつ声をかけてくださるので、


なにかの足しにはなっているのかもというのが励みです。





くだらないけれどのんびりした気持ちで読める、


忙しい日常にぽつっと間を空けるような、


これからも大いにくだらないことを書いていこうと思っています。




































0 件のコメント:

コメントを投稿