20151210

生じては消えていく。

































暗闇で目を閉じる二時間。





ずっと続きそうとおもってしまう時間にも必ず終わりがきてまた目を開けます。






目の前にいる人と過ごす時間、おしゃべりも沈黙も


時間がくるとばいばいして、またお互いの家に帰って行きます。







冬至に向けて、どんどん夜が長くなって行きます。









































0 件のコメント:

コメントを投稿