20150809

夏休み感。












いっこさんにもらった菜の花ろうそく。なむなむ。













暗い山道、虫、焚火、なにごとにも動じない二人、


見たこともないような大きさのなめくじ(私の手根から親指先端くらいある…!)。




先日のキャンプのことを思い出すと


印象深い映像と一緒に、あのときの感覚がよみがえってきます。





じゅんたさんといっこさんに聞いてみたら


今はもうキャンプで「緊張」ということはそうないと言っていたから


同じ暗闇でも感じ方ってこんなにちがうのかと思いました。


やっぱり、感情と感覚はつながっているんだな。




びくびくしながらも自分の幅をおしひろげていくのは新鮮で


いまは、今しかないこの感覚が楽しくてくせになりそうだと思っています。




次のあさ山を下りて、いっこさんが銭湯で「夏休みみたいだね」って言いました。









きのうは、物理に詳しいクライマーのけいたくんが


忙しい合間に新潟に立ち寄ってくれました。


ほんのひととき、我が家でカレーを食べて皆で話をしました。



山の中での経験や、岩登りの実体験に基づく話は


私にはタイムリーでとても興味深く面白かったです。




おもむろに始まった人生や死についての話から、


岩にある‘‘意識”とか‘‘感覚”の話、なんで木は大きくなるのかとか、


岩を割って根を張ろうとする力強さと


なんでそこなんだっていう不思議さ。




エアコンの効いた部屋で答えのない質問と回答をだらだらと、


こども科学電話相談みたいなゆるさに


夏休み感が増しました。





後でひとり片付けをしながら


岩や植物、虫とかは不思議だなと思い返していたら


はたと、人間も十分に不思議な生き物だと我にかえりました。
























0 件のコメント:

コメントを投稿