20141220

瞑想生活の思い出したこと。





※猫と遊びたいけれど警戒されている、見た目よりずっと優しいマッキーさん。







歩く、すれちがう、くつを脱ぐ、立つ、座る、食べる、ドアを開ける、しめる。




言葉をひとこともかわせなくても、


目と目を合わせることができなくても、


身体に触れることができなくても、


その人の思いや、考えかた、生き方の切れはしは


ふとしたときにちらりと見えたりするものなんだなあと思いました。




































0 件のコメント:

コメントを投稿