つぎ、とまります。


つくばの風太といっこさん。


友だちが久しぶりに電話をくれて、気づくと二時間半経っていました。

なんとなく、体のなかに流れる時間の速度が似ていて

一緒に居て、話していて心地いいひとです。


むかしは人見知りがコンプレックスで、人付き合いの場面で

すぐに打ち解けられる瞬発力にとても憧れていました。

元々自分が持っている性質と、

理想とか世の中の価値観とかの溝に生じる葛藤は、みんな色々あると思うけれど


自分のなかに在る劣等感を見つめるとき

常識や前提そのものを疑ってみるのもひとつだと思います。

「とまります」ボタンをおして、その思い込みから降りてみると

これまで見えなかった新しい景色が見えてきたりするものです。


それ以来、だれかと仲良くなりたいときほどゆっくり

積極的に時間をかけることに決めています。

自分の価値観を大事にするように、相手の価値観も敬う。

人の人生を生きることは出来ないので、折り合いがつかないことや

希望に添えないときもあるけれど、

そういう時は自分の出来ることで相手の存在そのものを気遣う。

もちろんそのまま疎遠になってしまう人もいるけれど、

その逆もまた然り。人とひとにも続きがあります。




コメント