ヌードを纏う。







カバンのポケットに手を入れると、しわくちゃになったヌード。

先日の旅では観たかった展示も見られてよかったです。

どの人も服の下に纏う艶やかないのちの営みは

私のいのちの部分も刺激します。


昨日はおたのしみの瞑想会で

久しぶりに千葉から瞑想者さんが立ち寄って下さり

新鮮な風も吹いていました。


この身体と心を「自分のもの」としてどんなに頑丈に、大事に、囲ったとしても、

風は吹き抜けて、移ろい、

同じところに留まってはいられない。

お互いがゆらいでいる"現象"みたいなもんだと皮膚のうえで感じながら。















コメント