20170915

山形観光まとめ。






































使い古されて、角がとれたものの格好良さに憧れています。



古い旅館の柱や床は丁寧に手入れがされていて、



和紙を透かした柔らかいあかりとよく馴染んでいました。



イサムノグチさんと誕生日が同じことをほこらしく思っています。






肘折温泉は昔ながらの湯治場で



朝はお母さん達の市が開かれ、自炊する人はここで買い物。



山菜はもちろん 珍しい野菜、山で採れたサルノコシカケや漢方も並んでいました。





























美術館のような佇まいは、寒河江市役所です。




黒川紀章さんの初期の建築物で、



床や、各種用紙を記入するテーブル、何気無く佇んでいる椅子までモダンです。



中央のオブジェと扉の取っ手は岡本太郎氏。




実際ここにある営み、人々が行き来し、寒河江市民の生活を支えた時間が



さらにこの建物を格好よくしている気がしました。




市役所で働く方が優しい方ばかりで、「見学させて下さい」と声をかけたら



快く案内して下さいました。






楽しい旅はあっという間。



昨日無事に帰宅いたしました。おしまい。


























0 件のコメント:

コメントを投稿