20161226

仕事納め。

 

















































縁は、距離も時間もSNSも超えるものだなあ!と感じます。




波に浮かんで揺られるように、皆んな関わり合って生きているけれど、



同じ時代に生まれただけでも確率は奇跡(400000000分の1)で



奇跡的な可能性のなかで同じ時間を過ごし関わり合えたのだから



仲良くなれるのも不思議なことじゃないなと思えます。




限りある時間と、巡り合わせに感謝して気持ちを出し惜しみしないように。



来年も会いたい人に会うために労を惜しまず、旅に、学びに貪欲に在りたいです。




お世話になったすべての方に心から感謝を込めて。



皆さんが良い締めくくりと良い新年を迎えられますように!
















20161221

「愛しい子。」








 


























 
 









毎週ヨガを一緒していた、猫のサヤンが亡くなったと聞きました。



迷い猫だったので正確な年齢はわかりませんが、15歳以上の大往生との事でした。





「苦しいから生きていることが判る」



というのは野口晴哉さんの言葉で、



生きることは苦しくもあるけれど



苦しいってことは、身体が生きようとしている証でもあるのだと思います。





それを十分に全うし手放し去っていくサヤンを、



見送る方はやはりつらく、さびしい。



楽になったんだって信じるくらい、いいよね。と思うんです。















20161220

師走です。










































この時期は飲み会が増えるので、



普段使わない公共交通機関で出かける機会が増えます。




特に私はバスに滅多に乗らないので バスには妙な緊張感を感じてしまいます。




ぼーっとしているように見えても



整理券と掲示板とお財布を照らし合わて、くずした小銭を手の中に握りしめ、



心のなかでスマートに降りるシュミレーションをしています。





「ありがとうございました。」と颯爽と降りたのは良かったけれど



手の中の小銭とシュミレーションに気を取られて、



バスにカバンごと置いてきてしまいました。



なんか身軽だなと気づいたときにはもうバスはいなくて



「やらかした。」と思いました。




幸い、コートのポケットのなかに携帯、財布と家の鍵は入っており



大事には至りませんでした。




バス会社さんに電話すると親切に対応して下さり、バッグも無事でした。





師走。



地に足をつけないといけません。。












20161218















































里子さんとミャンマーの思い出を振り返っていたら、



ごく自然な流れでごきぶりの話になりました。



私はごきぶりが苦手で、インドでもミャンマーでも大変苦労しました。





痛みや苦しさなど嫌悪の感情を観察すると、



種に埋め込まれた死への恐怖のようだと感じます。



小さい”死”の断片が見えるとき、自分を守るために湧いてくる”怖い”の感情。







ごきぶり自体は痛くないけれど、



病原菌を媒介する衛生害虫として あなたの命を脅かしますよ!と



私の生きる本能が訴えているのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。



ごきぶりの怖さって謎です。







でも今年は手荒い暴露療法が続いたせいで、少し大丈夫になった気がしています。



私がどんなにビビってひーひー肩をすくめても



一緒に仕事をする瞑想者さん達は顔色一つ変えない環境に居たからでした。





子どもがふいに転んだ時、周囲がよってたかって慌てだすと



あたかも大変な事が起こったような気がして泣きたくなるけれど、



平静であれば、「たいしたことない」と思えてくるのに似ています。





私の穏やかさは、私の中に在って



私の平和は本来誰にも脅かされるものではないんだなと思いました。





























20161216

チネイザン無事終了しました。













































千葉で活動しているチネイザンプラクティショナーの里子さんを招いて



新潟での内臓マッサージ二日間が、きのう無事終了しました。




ご参加の皆さまありがとうございました。




また計画する予定です。興味のある方は引続きお気軽にお声がけくださいね。



感想などもお聞かせください。






今年の行事がひとつずつ終わってっちゃうな。




朝起きたら屋根が真っ白でした。あたたかく過ごしてくださいね。












20161211
















































裕也くん若井くん主人とトミーゲレロのライブを観に行きました。



かっこよかったです。



生で音楽を聴くのはやっぱりいいですね。


















20161204

近況。













































稲庭うどんはブームから文化へ。うどんといえば稲庭うどん。



温かいお出汁に、柚子をいっぱいに浮かべて食べるのが好きです。








以前料理屋さんで読んだ「誕生日大全」が面白くて思わず欲しくなりました。



TOKIOのリーダー城島さんと生まれた日が同じなのは知っていて、



そのことは ひっそり胸にしまっていたんですが、



この本にはイサムノグチさんと一緒と書いてあり、良書だと思いました。





「34歳までは自由を求め冒険心が強まる」とのことでした。





この旅したい欲については、星の廻りということで



来年再来年ぐらいまでは開き直ることにしました。