20160418

何は無くとも、根底に在るもの。

































私の中で起こることは外でも必ず起きていて、


私の外で起こることはなかでも日々必ず起きていました。




痛み、心地よさ、感覚すべて、生きている限りはそれが肉体から離れることはなく


自然の恩恵、美しさ、災害もまた然りとおもいます。




どんなものごとも生まれるのにはそれなりの理由があって、影響しあい


どんな奇跡のようなことも


一つひとつが確実に積み重なり、寄り集まってかたちになっています。








「たゆたう庭」みたいに。








一方通行に過ぎていく時間の、その前提の中で


繋がれる大切な人たちとの時間や日常の尊さ、


どうやって痛みのなかでこそ心をひらいていくか、


何はあっても無くても、


できるだけ根っこに在る幸せを思い出せるように と思います。
























0 件のコメント:

コメントを投稿