20160130

努力する才能。




































旅する音楽。



長岡へ行って来ました。







高木さんが鍵盤をなでるようにすると、


ピアノから一斉に綺麗な音楽が鳴りだして魔法みたいと思いました。





生で音楽を聴いたのは久しぶりです。



どこか底から涙がこみ上げてくる感じは不思議で



その人が天から授かった才能がとてもすばらしく思える。



自分にもこんな超能力があったらいいのにと思いました。








ただ、演奏を聴くうちに、または言葉の端々から


その人が才能と努力の人だと気がついて



ずっと雲の上で暮らしていると思っていた人の人間らしいところを垣間見て


ほっとしました。


自分にもすこしは希望があるように感じられました。





とはいえ自分の才能をずっと磨き続ける努力は大変なことで


才能という言い方で人を羨ましがること、


或いは「あの人は才能だから」と


自分の努力を投げだす言い訳にするのはやめようと決めました。





希望あふれる音楽の一日。




























0 件のコメント:

コメントを投稿