20151228

手始めに。































大掃除を小分けにやる作戦です。




今日は、家中のタオルを湯船にいれて熱湯に浸してから洗濯機へ。




今年もお世話になりました。お疲れさま。




























20151227

年末の空気が好き。








































ゆうべから急に冷え込み、


窓の外がびゅーびゅー言うので私もそわそわし始めました。



年末だからといって、私自身はとくべつ忙しいわけではないけれど、


このせわしない空気のなかで忙しいひとに混じって


「忙しい!」と言いたい気持ちもあります。










今日は朝から雪がちらついています。





身体にも、心にも、沢山積もってからでははらうのが大変だから、



たまには身体を動かして、はらい方にも無理がないように。





どこかで手放す気持ちも必要で



いずれ溶けることを理解して、歯をくいしばらないでいいように。  





みなさまが良い年末と、新年を迎えられますように。





感謝を込めて。


























20151225

へろへろになった。





































甥っ子姪っ子にクリスマスプレゼントを買うために近くのデパートへ。





夫婦共々、デパートのあの乾燥した、


静電気を身体中にまとうような滞った空気が苦手で


なにか特別な用事でもなければ行きません。

 



はたから見たらなんの変哲も無いお買い物風景も、


子どもたちの喜ぶ顔を見るための


おじさんおばさんの身を削った努力の諸行なのでした。






ときにはこうやって普段しないことをするのも新鮮さがあって


どんなものが嬉しいかなと


自分の小さいころの気持ちを思い返したりもしていました。



世の中すでにクリスマス真っ只中なのでおもちゃはかなり品薄です。





初めのうちはこれが欲しいとかあれがいいとか、


これが〜とかふざける余裕もあったけれど



次第に旦那さんの言う小言や冗談にも反応できなくなってきて




最後はお互い考える気力も底をつき、


乾いたスポンジから水を一滴しぼりとるような気持ちでプレゼントを選びました。




大きな箱型の砂漠から、やっとの思いで家に辿り着いたついたときには


へろへろでした。
























































太陽の下だけ海面が盛り上がっているみたいにみえます。


































20151223

久しぶりの緊張感。
















えみさんからのクリスマスプレゼントはノエルでした。感激。

















今日は久しぶりのお手伝いです。



約三年前、二回目のインドから帰って来てすぐお世話になったケーキ屋さんです。



クリスマスに一番忙しいのは、サンタクロースとケーキ屋さんかなと思います。





意外とおっちょこちょいなので、


えみさんが一生懸命に作ったケーキを


間違いなく、


楽しみにしている方々へ確実にお渡しするために、


慌ただしさのなかでは人一倍の注意を払わなければいけません。






子どもも大人も、お年寄りも若いカップルも、


この後誰と、どんな話をしながらこのケーキを食べるのかなと想像すると


幸せな夜になるといいなと思いました。








緊張感のなかあっという間に時間が過ぎて、




「来年のタイの足しにしてね。」



とお給料を手渡すえみさんのさり気ない優しさは、


ほっとした心にとても沁みました。

























20151222





































紀子さんがチケットを届けてくれました。


生で音楽を聴くのはいいですね。一月がたのしみ。









陰も陽も、男性性も女性性も、善も悪も、無限も有限も混じり合っています。





生々しい、ドロドロした、薄暗くて人間くさい音楽も大好きだし、



こんな光あふれるピアノに涙が出るときもあります。

















































20151221

かもしれない。
































ヨガでも、食事でも、



遊びでも、お酒を一杯でも、



なんでもいいと思うのですが



その感覚を丁寧に味わおうとする時間に



癒しがあるなあとおもいます。








ふと、思いつきで



「ヨガする理由」を尋ねたときに、




「帰り道空気がおいしい」



とその人が言うので



面白くて、その人らしくて、笑ってしまいました。



うれしかったです。







ヨガをしたからといって、周りのたくさんさが変わるわけじゃないけれど



感じ方がすこし、変わるかもしない



と思います。










































20151220

それぞれの懐かしさ。





























帰り際。


お世話になっている五十嵐コミュニティハウスの玄関に


クリスマスツリーが出ていました。






イルミネーションをわざわざ観に行きたいとは思わないけれど、



赤や緑の電飾の、こんな気取らないクリスマスツリーには


妙にこころ惹かれるものがあります。



懐かしい気持ちになるからかな。



















不気味なモールサンタはわりと年代物だそうで


管理人さんの子どもの頃は「サンタはこれだった」とのことです。




























20151219

くつ下を履いた猫。




























猫村さんからクリスマスプレゼントにくつ下が届いた。





こんなあたたかさ、泣けます。





海藤くんは慈愛のひと。


















20151218

そういうことか。



























天気予報は雪マークでした。




上越のほうでは雪が積もった、と聞いて


甥っ子姪っ子が喜んでいるだろうなと思いました。



あの子たちが目を丸くしているのを想像すると


私の内側もふっとゆるんで目尻が下がります。







私はいつからかわからないけれど


「テレビ」にも「夢の国」にも興味がわかなくなってしまっています。




自分の興味がはっきりしてくる反面、


ある意味利己的な自分が見えるときもあります。






最近思うのは、それからもう少し大人になり


いろんな立場や役割の人の気持ちがなんとなく


体験として感じられるようになったことです。




じいちゃんばあちゃんの感覚は


私の想像を遥かに超越しているような気がしているけれど、



小さいとき、お父さんお母さんがディズニーランドに連れて行ってくれたことと、


うちのお父さんの性格や風貌(松方弘樹風)とを照らし合わせると



とてもお父さん自身がディズニーランドに行きたかったとは考えられない


と今になって思うのです。





そういうことか。と思いました。




「この笑顔のためなら」と思うとき、


今まで極小だった利己がすこし広がるような、


世界が広がるような、気がします。



















20151216

何度も出会う。



































加藤さん手作りのお菓子は、卵、バター不使用です。



必要な人に繋がるといいなと思います。





食べ出すと止まらないこのスノーボールが


あと40粒くらいあったらいいのにと思いました。








今日は、プライベートレッスンで我が家に来てくださって



今日初めて会ったわけじゃないけれど、



こうやってゆっくり話していると  また新しく出会うような不思議な感覚です。










































20151213

一週間で三回目。



























レモンのカレーにはまっています。


再現性を高めるための研究中。





























しましまのセーター。
































コムデギャルソンのセーターはお古を頂いたもので


気に入ってもう何年も着ています。(5回目くらいの冬)





基本毛玉は取らずに、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗って愛用しています。





というのも、この服を下さったかたのお洋服へのポリシーが


「毛玉も愛する。」


だったからです。





そのくらいの気持ちでいつも洋服を選びたいものです。



着るたびに、その人の顔が浮かぶのもいいです。






























20151211

一足早いクリスマスプレゼント。

























生の葉や枝から、緑のいい匂いがしてきます。





「作っている時が一番癒されるのよ」


と微笑むまとうさん。































20151210

生じては消えていく。

































暗闇で目を閉じる二時間。





ずっと続きそうとおもってしまう時間にも必ず終わりがきてまた目を開けます。






目の前にいる人と過ごす時間、おしゃべりも沈黙も


時間がくるとばいばいして、またお互いの家に帰って行きます。







冬至に向けて、どんどん夜が長くなって行きます。









































20151208

十二月八日。

































いただきもので、竹の繊維で出来たマスクです。


衝撃的に呼吸がし易くて、


肌触りもやわらかくて気持ちいいので、


誰かに言いたくて仕方ありませんでした。


眠るときにおすすめ。








そして今日は、思い立って


久しぶりにベリーショートまで髪を切ってもらってきました。




来年タイで座るための資金を蓄える一環で、


もう、半年は切らなくて良いようにしてもらいました。





風邪ひかないように気をつけなきゃ。


































20151207

レモンチキンカレー。




























レモンの輪切りが入っています。




さわやかなレモンと、ほろほろ鶏肉と、カレーが一緒になると最高にうまい。























ゆうべ。


















「平和」。















きのうは、りえさんとふたりでお酒を飲みに行きました。



仕事で顔を合わせたり、練習を一緒することはあったけれど


こんなにゆっくりお話するのは初めてでした。





りえさんが用意してくれたお洒落なイタリアンのお店で


私は、普段飲まないスパークリングワインなどを飲んで大人な夜を過ごしました。





普段話さないような深い話になると、


途端に、目の前のりえさんが現実味を増すような


あぁ、みんな関わり合って生きているんだと感じました。





本当に良い夜で、大人になって良かったと思いました。