20150816

只見川。






















写真では全然伝わりませんが、かなり大きな川です。


あんまり流れがなくて、立派な湖がずーっと続いているようなたたずまい。


たくさんの水をたたえて、静かで独特の雰囲気です。




前回なんにも知らないで


偶然見た只見川の川霧が忘れられないでまたきました。




夕方と夜のまん中の


激しい雷雨のあと。


日が落ちたばかりのうっすら青白い只見川は、


川からもくもく上がる霧に包まれて、水面が見えませんでした。



日本昔話なら、完全にお化けか妖怪が出てくる場面です。



そんな妖しい風景が、大きな只見川のこちら側から向こう岸まで、


上流のほうからずっと、長さ何キロも続いているのだから


途中から夢の中にいるみたいな、雲の上か、


いつ妖怪に喰われるかみたいな気分で変な汗が出ました。




今日は写真を撮るために、車から降りて川のほとりに立ってみたけれど


将軍杉を見たときと同じようなこわさで、おしりのあたりがぞわぞわしました。


やっぱり美しい川でした。


























0 件のコメント:

コメントを投稿