20150708

今年の初もも。









大好きな、硬い桃見つけた!







昔、お母さんの実家が桃農家だったので


夏が近づくとばあちゃんちのそこらじゅう


さわやかな桃の匂いがしていたの覚えています。


弟と一緒に裏の畑に、落ちた青い桃をよく拾いに行きました。




売り物になる大きくて柔らかい甘い桃よりも、



がりがり硬くて、ほんのりしか甘くない


桃の香りがするだけの小さい桃が何倍も好きでした。

(「自分で採った!」っというのが良かったのかな?)




今年も、包丁を入れた瞬間に漂ってくる懐かしい匂いに記憶が蘇ります。



大好きなばあちゃんちで、楽しい桃ひろい。桃の匂い。



好きな食べ物の記憶を辿ると、


いつも必ず楽しい思い出がくっついてきます。






ちょっとりんごみたいにも見える。














0 件のコメント:

コメントを投稿