20141209

師走。






さーちゃんと、まるちゃん。


まるちゃん近寄ると、なんだかいつもとようすがちがって


どうやら怪我をしていたみたい。



私の手からするーっとにげて、


(そっとしといて。)


と、紀子さんのところへ行ってしまいました。




もう十二月です。今年もあとすこし。





朝が夜になるみたいに、


季節が春から冬へ変わっていくのとおんなじように


わたしたちも生から死へ向かいながら、生きています。



好きな人たちと、好きなことをして過ごす時間は限られていることを


たまにふと思いだすと、


より一瞬一瞬が尊いものだなあと


「今」へのありがたみがまします。
















0 件のコメント:

コメントを投稿