20141229

あふるる。







郁子さんちで、一緒に座りました。


102歳のおばあちゃんと三人で、おいしいごはんもごちそうになりました。


囲炉裏を囲んで、瞑想の話、自分の思っていることの話、


二人のむかしの恋愛の話とか、いろいろな話をしました。




いっこさんとは、私が九月の瞑想から帰ってきてしばらくしてから、


じゅんたさんたちが瞑想旅で新潟に立ち寄ってくれたときに出会いました。




不思議な人だけれどあたたかくて、


べたべたしないけれど、愛に溢れたひとです。




わかれるときには、お昼の炊き込みごはんをおにぎりにして、


干し芋をラップにくるんでもたせてくれました。



この日一日、いっこさんにもらったものがおおすぎてこのとき涙が出そうでした。


ただ、駅のお土産売り場だし、人が大勢いて、


泣いたら変だと思ってこらえました。




















20141228
























2014年最後の旅。









ガタンゴトン。



金沢へ行ってきます!





まだ暗いうちは、窓に車内の光が映って


今見えているのが本物なのか、


偽物なのか区別がつかないけれど、


外がだんだん明るくなってきて、ものごとがはっきりしてきました。


すごく綺麗です。






















20141226

今年もお世話になりましたカレー。







 あしたのクラスの後、


生徒さんにふるまうカレーの下ごしらえ。


大量の玉ねぎを炒めています。




美味しくできますように…!


















20141223

プールが嫌い。








赤い帽子が私。


先生がフラフープの半分くらいを水面に出して、


皆んなでくぐって遊んでいる場面です。


私はどうしても水が怖くてなかなか潜れないの図。




「はんね(本当に)、行け行け!てゆうろも(と言うけれど)、


なぁ(おまえ)は意気地がねえて(なくて)、いってか(いつまで経っても)行かねんだ!」





実家に帰るたびに、


おじいちゃんおばあちゃんが話して聴かせるプールの話。












20141222

十二月二十二日。









ひとりで映画に出かけたのは今日が初めてです。


見たい映画があったのに、


一日に一本しかないその上映時間に間に合いませんでした。


雪にはかないません。





帰って、なにかあったかいものをともつ煮を仕込みながら、


買ってあった本を読みました。


つい夢中になって、


すっかり煮詰まって塩辛くなったもつ煮込み。







「うまい!味の方向性は良い。」


とのことでした。



















20141220

瞑想生活の思い出したこと。





※猫と遊びたいけれど警戒されている、見た目よりずっと優しいマッキーさん。







歩く、すれちがう、くつを脱ぐ、立つ、座る、食べる、ドアを開ける、しめる。




言葉をひとこともかわせなくても、


目と目を合わせることができなくても、


身体に触れることができなくても、


その人の思いや、考えかた、生き方の切れはしは


ふとしたときにちらりと見えたりするものなんだなあと思いました。




































来年の抱負。







どんなに嬉しいことも、気持ちのいいことも、


ずっとそこに留まろうとすれば苦しくなります。


どんなに辛くて痛いことも、いつかは消えてなくなってしまいます。





瞑想から帰ってきてから今日まで。


ほんのちょっとしたふとした瞬間に幸せと、


尊いものと、美しいものがいつでもそこらじゅうにありました。


どんなに悲しいことも、いつかは消えてなくなってしまうことを理解すれば尊く、


あわててかき消さなくていいし、いそいで塗りつぶさなくていいし、


戦わなくていいし、


「なにもしない」という見落としていた選択肢がありました。






‘‘昨日読んだもののなかに、苦しみは2種類あって、苦しみを続けさせる苦しみと、苦しみを終わらすための苦しみがあると書いてありました。

またね。”




とっても優しい金沢の郁子さんより。







私は来年、機会があえば、タイへ瞑想の修行に行きたいと思っています。





























20141216

ある日。






風花と、







カレー。







それは、完璧なお昼どきでした。




晴れた日にひらひらと降る雪に「風花」と名前をつけた人も、


カレーを考えた人も、


昼食を思いついた人も、えらいなと思いました。



















20141209

師走。






さーちゃんと、まるちゃん。


まるちゃん近寄ると、なんだかいつもとようすがちがって


どうやら怪我をしていたみたい。



私の手からするーっとにげて、


(そっとしといて。)


と、紀子さんのところへ行ってしまいました。




もう十二月です。今年もあとすこし。





朝が夜になるみたいに、


季節が春から冬へ変わっていくのとおんなじように


わたしたちも生から死へ向かいながら、生きています。



好きな人たちと、好きなことをして過ごす時間は限られていることを


たまにふと思いだすと、


より一瞬一瞬が尊いものだなあと


「今」へのありがたみがまします。
















20141206

雪がつもりました。









あっちの屋根も、こっちの屋根も、


草も、木も、田んぼも、


道路も、車も、駐車場も、


コンビニも、ラーメン屋さんも、


真っ白。






冬くらい、ちょっとくらい、難儀できるならしないとね。


雪うれしいです。


今も、降っています。



















20141204

あわにて。










きのうのキャンドルヨガは、


かくかくしかじか、私の勘違いで、、


あわさんをお借りしての開講となりました。




あわのこぢんまりとした空間は


みんなで四枚もマットを敷けばいっぱいで、


みんなが近くてあたたかかった。




薪ストーブもパチパチ。




さむい嵐の夜だったけれど、みなさんのおかけで暖かく過ごせました。


お天気のわるいなか、足を運んで下さったみなさまありがとうございました。


紀子さん、木守りさん、いつもいつもありがとうございます。




今夜8時のパワーヨガも、あわさんをお借りしての開講となります。


定員のこり一名さまです。


急な連絡になり申し訳ありません。


どうぞよろしくお願いいたします。

















20141202

わが家では、







平日はお昼ごはんがメインです。


今日はバターチキンカレーと玄米。